FC2ブログ

MADE BY ME

ARTICLE PAGE

23 2010

ソーイング教室 初作品☆

5月より隔週で開催中のソーイング教室。

4人のママが、まず最初に作りたい、と挑戦したのが子供のパンツでした


女の子ママの完成作品がこちら。


ショップでも販売中の型紙「フレアパンツ」です。

ポケットは、それぞれ希望したデザインで作ってみてもらいました。

ピンタックやギャザーがあるので初心者さんにはだいぶ難しかったようですが、、、
お子さま達も喜んでくれたみたいです~

姉妹をお持ちのママは、お姉ちゃんの分がまだ残ってるみたいだけど

姉妹お揃いなんてすごく可愛いですよね~、憧れる




男の子ママはこちら。
CIMG0856.jpg

こちらもショップで販売中「ベーシックパンツ」の簡単アレンジです。
切替や前ポケットをなくして、後に1つパッチポケットを付けただけの、とってもシンプルなデザイン。

追っかけのストライプ柄なので、柄の出し方が少しだけ難しいです。

でも縫製自体は工程が少ないので、一番ミシンに苦手意識の強いママだったけど一番早く仕上がりましたよ~



生地を変えると雰囲気も変わるので、また1点、2点とこの型紙で作ってくれるといいな





4人のママ、みなさん初心者さんなので、作ってる様子を見てると私もほんとに勉強になります。


ソーイング教室というと、「縫う」のを教えるのがメインのような気がしちゃうんだけどね。



実際は「裁断」がかなり大事。

ただ「型紙をおいて裁断してください」というと、

ほんとにそのまま切り始めそうになって



上の「フレアパンツ」のドット柄や小花柄は特に気にせずに作っちゃっていいんですが、

下の「ベーシックパンツ」は1方向のストライプ柄なので、左右対称にするとことか、前後中心、脇をどこに持ってくるか、とか。。。
裁断はけっこう気を遣わないといけないですね~。




あと、みなさん、自分は動かないで裁断するものをぐるぐると動かします。


手に持って切ったりとか。


そうすると、いくらマチ針で型紙を留めていてもズレやすいですよね。



裁断するときは、置いた生地&パターンは動かさずに、なるべく自分が周りを動いて切ってみて下さいまし。


あと、切る部分のパターンと生地がずれないように、はさみを持っていないほうの手をパターンに添えて押さえます。



裁断で少し。

縫製で少し。


そうやって少しずつパターンからズレていくと、例えばパンツなんかだと最後にベルトを付けるときに、ベルトと身頃が全然合わなくなってしまったりするのです。





今日は次の課題の「グラニーバッグ」の裁断をしました。

今回は「裁断方法」を実演して、注意するところとかも伝え、、、、

実際に皆さんが裁断してる様子も見てアドバイスしていきましたが、だんだん裁断も上手になってきました


とにかく完成すればいい。


というのもいいんですが、同じ「作る」なら、少しずつでも上達していって欲しいですものね


私も「教え方」を上達していきたいです。


ランキングに参加しています。
応援お願いします^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドショップへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment